リノベーションコラム

 リノベーションで、素材、つまり建材などの材料で変化を付ける場合、色ほど短時間に効果が出るわけではないので、入居者が一瞬見ただけでは印象にも残りません。材料で変化をつけたほうがリフォーム工事の観点からは大胆でも、色の変化ほどギャップが見えないので、それが意図的な試みであるとは取られない場合が多いのです。そういう意味では色に比べ、素材感で勝負するのは目に見えて効果として感じにくいのです。  

 一般的に、素材感のあるものは人工のものではなく、漆喰や無垢の木など自然素材が中心になるため、イニシャルコストが高くつきます。しかし、自然素材は時を経るとともに、じっくりと色などに深みが出てきます。革製品と同じで使い込むほどに味が出るのです。

 そして、イニシャルコストがかかる分、経年変化はかえって深みが出ると評価されるため、人工の材料とは異なり、無垢のフローリングでは交換、貼り替えせずにオイルでメンテナンスするなどで、かえって長く持たせることができるという利点もでてくるのです。

 このように考えると短絡的に色の変化+ビニルクロスや塩ビタイルなどの人工素材で安くても一見よさそうに見える空間を造るか、あるいは長期的な視野で経年変化を楽しんでもらうことを念頭に、自然素材で多少初期投資しても、それを長期間使い続けることで採算を取るという視点で空間造りをするかは、住まい手や住宅を供給する家主さんの価値観からの選択になるのだと思います。

TOPへ