リノベーションコラム

色は部屋に入って真っ先に目に飛び込んでくるものであり、その上最後まで印象に残るものです。そのため色で変化を付けるのは最も手っ取り早くて効果的と言えます。しかし、使い方を間違えると、その効果も悪い方に出てしまうため、注意が必要です。色で変化を付ける好例は、例えばトイレなどの奥の壁やニッチ(壁を飾り棚等に一部くりぬいた部分)のクロスの色だけをアクセントウォールとして他の壁面と色を変えてみるとか、フォーカルポイントとなる部分に意識的に色を使うことで、部屋の印象が大きく変わるのです。

 あるいは収納棚の扉は白、中を開けたら棚は水色だった、などというのも意外性があって面白いかもしれません。見えないところでおしゃれをしているような、わくわく感があります。色味に関しても、鮮やかさが高まるとカジュアル感を、黒を多くすると落ち着き感やリッチな雰囲気を、白を多くすると柔らかくやさしい印象を与えるなど、色相、明度、彩度によって色の与えるイメージに私たちはかなり左右されるものです。

 一般的な高級マンションでは、白をベースに濃い茶色の建具などが基本ですが、最近では安めの賃貸住宅も同じようになってきています。そのようになってくるとむしろ賃貸住宅では使用されない色のほうが高級感が出ることも少なくないのです。

 日本では、無印良品が好まれるように無彩色やナチュラル色が基本的に好まれますが、外国の映画を見ると、薄いピンクや薄いグリーンが使用されているのに気がつきませんか。

 薄いピンクや薄いグリーンの空間では、そこに長時間いれば色自体がまったく気にならないのです。むしろ落ち着く空間にもなりえるのです。そんな空間には木のナチュラル色も素敵に調和してしまいます。またアクセントに濃い色を入れることにより高級感が増します。無難で特徴が少ないと思われるような色であっても、使い方次第ではメリハリが出て、空間が一段とおしゃれにすることができまるのです。

 また上品な柄物クロスを寝室の壁に使い、その中にある一つの色味を単色でカーペットに使う。あるいは柄物クロスの中の一色をアクセントクロスに使うなど、同じ空間の中で上手に色をリピートすることで自然と統一感が出て、高級感も演出できるのです。

TOPへ