リノベーションコラム

100人の女性インテリアデザイナーによる

暮らしやすい賃貸物件の作り方・数字とカタチで分かる!

今回は「居室の収納」についてお話します。

ワンルームの収納大きさ標準的に900mm幅のクローゼット1つ、あるいは

ちょっと広めの単身者用で1800mm幅のクローゼット一つあれば十分と思っていませんか?

多くの場合、床から1800mmの高さに棚が1段あり、その下にパイプが1本ついています。 

これだけでは収納が足りないケースがほとんどです。

 

しかし、これ以上 床面積は減らしたくない。

そこでオススメなものは、床面積に影響のない「吊戸棚」です。

2350mmの天井高の場合

床から2000mmの高さに、高さ350mm・奥行き360mmくらいの

吊戸を製作するとよいでしょう。

 

普段使わないけれど大事なモノ、季節の洋服や本などは、ここに収納できます。

吊戸の下にハンガーパイプФ25mmをつければ、毎日使うコートを掛けたり、

アートを飾ったり、洗濯物を干したりと、自由度の高いサブ収納として活躍します。

ファミリータイプの居室でも、収納力を求める声が高い寝室や子供部屋に使える方法です。

昔でいえば和室の天袋ですね。

 

また、収納用に大きな空間を設けただけの納戸のような間取りをよく見かけますが、

これでは収納しにくく、せっかくの空間を有効利用できません。

 

棚板やハンガーパイプ等のパーツを組み合わせたシステム収納があれば、

入居者は新しく収納家具を買わずにすみ、モノも入れやすく便利。

 

後付けでDIYでも設置できるので、ただの納戸が立派なウォークインクローゼットに簡単に変身します。

洋服を吊るすスペースは奥行600mm必要。

それに人が動くスペース750~800mmを足して間口1350mm程度あれば十分です。

奥行が1800mmくらいある部屋ならば、突き当りにも収納棚を設けL型に配することも可能です。


 「つるす」「おく」「しまう」を上手に組み合わせると、幅広い種類の居室の荷物をすっきり使いやすくしまうことができます。

1800mm

参考商品写真:panasonic アイシェルフ

TOPへ