リノベーションコラム

100人の女性インテリアデザイナーによる

暮らしやすい賃貸物件の作り方・数字とカタチで分かる!

今回はキッチンの収納とスペースを考えてみます。

キッチンの収納と言えば吊戸棚。

狭い賃貸のキッチンでは空中を利用する吊戸棚はとても貴重です。

よくあるのは、梁にあわせて1800mmぐらいのところから天井迄いっぱいの吊戸棚を見かけますが、

これでは手が届くのがやっとで上のほうはとても使いづらいはずです。

一般的には目線の高さから700mmぐらいが一番使いやすいといわれてます。

身長160センチの人なら棚の下端1400mmから2100mmまでの高さが理想的ということになります。

写真の吊戸は高さ600mmで床から1700mmのところについています

 

賃貸のキッチンの場合 奥行き600mm以下のキッチンを用いているケースが多いと思います。

吊戸棚をこの高さにした場合張り出していて頭をぶつけたり、うっとうしく感じたりしない奥行きは300mmまでと考えておきましょう。

 

入居者が持ち込むものとして冷蔵庫と食器棚が考えられます。そのスペースが漠然と空いているのではなく、

どんな人がどのように生活するかを想像すると、寸法は自然に決まってきます。

<冷蔵庫>

一人暮らしの場合は一般的な大きさは150L前後の容量です。

スペースとしては600mm角で十分だと思われます。

ファミリータイプの場合、流行の両開きタイプのドアで400L以上の冷蔵庫となると

700mm角のスペースが必要となります。冷蔵庫用コンセントは高い位置にアース付となっていることが多いので、

その位置に置けないとなると大変です。

食器棚

一般的に巾600mm~1200mm、奥行きは400mm前後のものが多いです。

新たに間取りを考える場合には、キッチンを対面式にして、背面に

奥行き400mmの食器棚を置くと想定すると、引き出しの出し入れや

ドアの開け閉めを考え、通路は850~900mmはとっておきたいところです。

 

キッチンフロアキャビネットも最近人気のスライド引き出し式であれば、

本来なら1000mm以上ほしいところですが、居室との兼ね合いもあります。

食器棚の奥行きにも多少巾がありますのでキッチンから背面の壁までが

1300mm以上を目安にすると良いでしょう。

TOPへ