リノベーションコラム

100人の女性インテリアデザイナーによる

暮らしやすい賃貸物件の作り方・数字とカタチで分かる!

今の時代は十分ないと!コンセント編① 

今の時代は十分ないと!コンセント編②

今回はコンセント&スイッチ&インターホンの「高さ」をみていきましょう。

コンセント、スイッチ、インターホンは新築時やリフォームで新しい壁を

作る時が、壁の中に電気配線を行えるチャンスです。

 

全関東電気工事協会が奨励する、「機器の使用による高さゾーン」表が便利です。

使いたい機器を探して、ちょうどよい高さを探し、高さの目安をつけるとよいでしょう。

【コンセント】

一般のコンセントの高さは30~40㎝に設置されていますが、

掃除機など一時的に使うものはコンセントが抜き差ししやすいように、

50~60㎝の高さにするとしゃがむことなくでき、また、小さな子供にも安全です。

洗面室は、洗面器まわりの鏡やキャビネットに1~2個ついている場合があります。

もし新たに設置する場合は横壁に水はねを考慮して100~120㎝の位置にコンセントを設置します。

冷蔵庫用のコンセントは床から180㎝以上であれば壁にぴったりつけられます。

【スイッチ・インターホン】

スイッチは床面からスイッチの中心までで120㎝、インターホンは150㎝の高さが一般的です。

最近では、ユニバーサルデザイン=誰もが使いやすいデザインとして、

だれでも簡単に操作できる位置を考慮して100㎝にすることもあります。

これからはTVだけでなくインターネットの使用も一般的になります。

頻繁に使用する電気配線のようなものが使いにくい場合、ちょっとしたことが重なり、

日々の生活にストレスが生じます。数や高さ場所を決めるには、住む人が

どこで何をするのか、家具配置や動線と言った生活の具体的なイメージ力

が鍵になるでしょう。住んでからの小さなストレスを確実になくすことが

「長く快適に暮らしていく」には重要です。

一般的なコンセント設置位置

コンセントの高さ 目安

 

 

TOPへ